Month: 8月 2014

葉酸摂りすぎ

葉酸を摂りすぎた場合は、次のようなことが起こる可能性があります。

国立健康・栄養研究所によると、葉酸を取りすぎた場合、自身が発熱やじんましんなどを起こしたり、生まれた子どもがぜんそくになったりするリスクが報告されているようですが、とりわけ大きな問題にはなっていないようです。

さらに、一時的に葉酸の摂りすぎとなっても何の問題もりません。

まず、知っておくことに、食品から葉酸を摂る場合、思ってるほど葉酸を摂れていない事実があります。

それは、葉酸が多く含まれていると言われている食品でも、加熱や調理することによって、「その食品に含まれる葉酸の多くを失ってしまっている」ということです。

2013151845488「ほうれんそう」に多く含まれているからと、いっても「茹でて」食べたらかなりの葉酸を失ってしまっています。

「葉酸が含まれている食品の一覧」などで示されている葉酸の含有量は、生そのままの値の場合が多いので注意が必要です。(参考:葉酸の多い食べ物

つまり、葉酸が大量に含まれる「レバ」などを毎日、欠かさず大量に食べている方以外は、ほとんど葉酸のとりすぎを心配する必要はないと思われます。

気になる方は、特に葉酸を多く含む食品を食べたら、次の日はそれの食材を避ける程度で、いいように思います。

一番大事なことは、一時的な葉酸の摂りすぎを気にするよりよりも、葉酸の必要量をしっかり毎日、摂ることです。

厚生労働省が推奨しているように、葉酸サプリなどを飲んで、確実に葉酸を必要量摂取することが一番大事です。

食べるものは毎日変わるので、食品から取ることのできる葉酸量も日々変わりますので、確実に葉酸を摂取する為に、葉酸サプリを飲むことをおすすめします。

注意点は、葉酸サプリは、指定されている量をしっかり守るのが大事です。

つまり、サプリから葉酸と摂る場合は、その吸収率が大事になります。

一部では、葉酸が天然由来(ポリグルタミン酸型葉酸)のサプリがおすすめなどと言われていますが、天然型の葉酸は「吸収率が低い」ことが分かっています。

天然型のサプリに表記してある葉酸量より実際に体に吸収される量がかなり少ないことが危惧されます。

その為、厚生労働省も確実に葉酸を摂取る為に、合成型の葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)をすすめています

 

葉酸サプリに配合されている葉酸には、「合成葉酸」、「自然葉酸」、「天然型葉酸」があります。また、葉酸の型として、大きく分けて2つが存在します。「モノグルタミン酸型葉酸」と「ポリグルタミン酸型葉酸」です。(引用元:http://葉酸サプリメント妊活.com/

 

その為、葉酸を的確に補給するためには、合成型葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)を選ぶのが大事になります。

>>おすすめの葉酸サプリはこちら

注意するポイントは、葉酸サプリの飲みすぎです。

食べ物だけでは、「葉酸のとりすぎ」にはなりにくいのですが、葉酸サプリの飲み過ぎは、確実に飲みすぎになるので、用量については必ず守りましょう。