葉酸不足によるリスクと葉酸サプリ

葉酸は、ブロッコリーやほうれん草などに多く含まれているビタミンB群の一種です。

人間の神経の発達をサポートする作用のある成分で、妊娠初期の女性には特に積極的な摂取が勧められています。

葉酸不足の女性が妊娠をすると、胎児の神経が正常に発達せず、障害を持って生まれてくることがあるのです。

障害は、生まれても生命を維持することができないほど重度のものや、生きることはできても手足を思うように動かすことができないというものなど、様々です。

葉酸を摂取しても、胎児がそのようになる可能性はありますが、リスクは確実に下がります。

その葉酸を手軽に摂取できるのが、葉酸サプリです。体内に吸収されやすいように作られているので、ブロッコリーやほうれん草を大量に食べるよりも効果的です。

また、葉酸には血中のコレステロール値を下げる作用もあります。そのため葉酸サプリは、妊娠初期の女性だけでなく、動脈硬化や高血圧の症状の予防や改善を望む人にも飲まれています。