葉酸サプリの必要性について

葉酸は妊婦に必要な栄養素と言われています。それは胎児の先天性異常リスクを低減できるからです。

妊娠を予定している女性や妊娠3か月までの女性は、食事以外に葉酸サプリの摂取を厚生労働省も推奨しています。一日に服用する目安は400マイクログラムです。

葉酸サプリには胎児の先天性異常、主に神経管閉鎖障害のリスクを低減する効果があります。神経管閉鎖障害は二分脊椎症や無脳症などがあります。

葉酸サプリの服用は、妊娠がわかってからよりも妊娠する1ヵ月以上前からが一番必要な時期です。現在では母子手帳にも葉酸に関する記載がされています。

食事から摂取できるのが一番なのですが、葉酸は食事だけでは十分に摂取することができません。海外では日本よりも10年以上前から取り組みを開始していました。

厚生労働省から発表があったのち、さまざまな葉酸サプリが各会社から出ています。葉酸以外にも鉄分やカルシウムなど、妊婦や女性に欠かせない栄養素を配合しているものもあります。