葉酸サプリのさまざまな効能について

水溶性のビタミンB群の葉酸は、葉野菜の葉に多く含まれるビタミンで細胞分裂やDNAの合成に関与しています。

食品ではパセリやレタス、キャベツ、ホウレン草、ブロッコリー、インゲン豆などに含まれています。

レバーや貝などの動物性ビタミンなどの他のビタミンと一緒に摂ることで相互作用があり、他の栄養素もバランスよく摂取することで高い効果が得られます。

毎日の食事での摂取が難しいという人は、葉酸サプリを利用すると手軽で継続しやすいのでオススメです。

葉酸サプリの効能は、妊娠初期の胎児の先天性奇形の予防に効果があり、その他にも、子宮頸がんの発症率を下げる効果や、肺がん・直腸がんの予防効果などがあります。

血液の流れをスムーズにする作用があることから、動脈硬化予防にも効果があり、葉酸サプリが赤血球を作るビタミンなので、貧血の改善にも期待できます。

口内炎や舌炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの粘膜の健康維持にも役立ちます。葉酸サプリの摂り過ぎは、亜鉛吸収率が低下するので注意が必要ですが、水溶性のビタミンなので過剰摂取の心配はないです。